育自

コーチングとは?

投稿日:

コーチングとは、個人や組織が現状から理想の状態に到達することを、より早く、より効果的に実現するための人材開発技術です。

スポーツなどで指導してくれる人のことを「コーチ」と言いますが、そのコーチと同じ語源です。

コーチングという言葉が、現在のように「稽古をつける、指導する」といった意味で使われ始めたのは1950年頃からです。コーチングの由来は「コーチ(Coach)」から来ており、元は「馬車」という意味でした。馬車が「人や物を目的地まで届ける」という役割を持つことから使われ始めたと言われています。

コーチングとティーチングの違い

コーチングと同じような意味で使われる言葉に、「ティーチング」があります。一見違いがないようにも感じるコーチングとティーチングですが、指導する対象との関わり方に大きな違いがあります。

コーチングを受ける人のことを「クライアント」と呼びますが、コーチングの特徴はクライアントである個人や組織の目的・目標を達成するために理想の状態を引き出す点にあります。「クライアントに何かを与えて理想に近づける」のではなく、「クライアントが持っているものを引き出して理想に近づける」のがコーチングです。コーチングは引き出すことで理想に近づけるアプローチであるため、コーチが質問をして、クライアントに話してもらうことが進め方の基本となります。話す割合でみると、7割近くはクライアントが話をします。

ティーチングとは、コーチングの特徴と逆のアプローチをします。つまり、「クライアントに何かを与えて理想の状態に近づける」のがティーチングの特徴です。ティーチャーの持つ知識や経験、知恵をクライアントに提供することが目的であるため、コーチングとは逆にティーチャーが話す割合が必然的に多くなります。日本の学校教育ではティーチングがメインとなっており、教師が一方的に情報を発信する形式を取っています。

私が小学生だったころは、一方的に教えてもらう形式でしたが、親になり、子どもたちの授業参観に行ってみると、最近は、ディスカッションして、「自分たちで考える」形式になっているようです。

ーチングの3つの基

コーチングを行うにあたっての基本は、「インタラクティブ(双方向)」「オンゴーイング(現在進行形)」「テーラーメイド(個別対応)」の3つです。

インタラクティブ(双方向)


インタラクティブ(双方向)は、コミュニケーションの基本とも言われており、「会話はキャッチボール」という言葉をご存知の方も多いと思います。普段の会話の中ではそう難しくない「インタラクティブ」ですが、立場での上下関係が存在する場合では、立場が上の人ばかり話していて、立場が下の人は聞き役になっているというケースがよく見られます。先にも述べたように、コーチングはどちらかが一方的に情報を発信するのではなく、コーチとクライアントとの双方向のコミュニケーションによって成立します。

オンゴーイング(現在進行形)

 

オンゴーイング(現在進行形)とは、言い換えると「継続」になります。一度身に付けた習慣や癖は、意識していてもすぐに直せるものではありません。教えてもらった瞬間はできるかもしれませんが、気付くと元に戻っていることがほとんどです。何かを継続するとき、「3」という数字が壁になると言われています。3日間しか続かない「三日坊主」や、恋愛では付き合ってから3か月過ぎると倦怠期に入ると言われています。また、3か月の後の壁は3年であり、人は習慣を変えるのに3年かかるとも言われています。ですから、コーチングは1度きりの教えではなく、継続的に行うのが基本です。

(「3日しか続かない」と書きましたが、3日も続けば、それはスゴイことだと思います。)

テーラーメイド(個別対応)

 

コーチングは、基本的に1対1で行います。その理由は、人によって成長の速度や効果的な関わり方が異なるからです。例えば学校のテスト勉強をするときにも、ひたすらノートに書き写す人もいれば、単語帳を使う人、声に出して読む人、ただ黙読する人など、勉強方法は人によってさまざまです。また、「ほめて伸びるタイプ」「叱られて伸びるタイプ」というように、関わり方についても人によって最適なものが異なります。コーチングでは、クライアントの目的・目標を達成するため、クライアントに合わせて質問を変えていく必要があります。

-育自

Copyright© 育自の森 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.