子育て・日常生活

テレビ無し子育て テレビ必要ですか?

更新日:

我が家にはテレビがありません。子どもが生まれる前はプロジェクターでテレビ番組やレンタル映画も観ていましたが、子育てにテレビ・DVDは必要無いと思います。

学習につながる良い番組も多数あるので、いずれ成長し時期が来たら見せたいものもあると思いますが、基本3歳くらいまでは、要らないと思っています。そして、もし観るなら、テレビやスマホの映像に子守をさせるのでは無く、一緒に観て一緒に楽しむのが良いと思います。

小学生の長女もテレビは一切見ずに、読書を楽しんでいます。新聞も好きになり、私より社会情勢などよく知っています。

テレビ無し

独身の頃は、毎日テレビを観ていました。仕事から帰ったら、すぐスイッチいれて、観ながら晩ご飯食べて、家族との共通の会話はテレビの内容。テレビを消したらなんだか寂しい気分。

そして、結婚の時にどの家具や電化製品を購入するか話し合い、「お互い仕事で家に居る時間が少ないからテレビは見ない。仕事から帰って就寝するまでの数時間、それぞれの話をしたり聞いたりコミュニケーション取ろう。」ということで、テレビの購入は止めました。週末には、社宅の壁が真っ白だったので、プロジェクターで壁に映し出して映画などを観ていました。

テレビを見る暇がない

第一子が生まれて、さらにテレビなんて観る余裕なんて無く、初めての育児が始まりました。これまでの生活もテレビが無い・観ないのが当たり前なので、私にとっては特別なことでは無いです。同じ社宅の奥様方との会話でテレビ番組の話が出て、テレビが無いから観ていないことを言うと、すごく驚かれました。

その奥様方が、いつテレビを観るのか不思議でしたが、お子さんたちを寝かしつけた後にドラマなど観てるんですね。私は、初めての育児に疲れ切っていたし、夜中に授乳もしていたので、子どもと一緒に20時に寝ていました。

テレビに子守させない

我が家では、テレビに子守をさせたくなかったんです。脳神経の発達には、コミュニケーションが大事です。テレビやDVDなどの一方的なものでは、神経細胞が発達しないので言葉も感情も発達しません。

やっとお座りできるくらいの赤ちゃんを座らせて、テレビやDVDに子守させて、家事をするお母さんもいらっゃるようですね。どうしてもやらなくてはいけない家事もあるでしょう。テレビやDVDを家事が終わるまで見せていたらはかどりますよね。

もちろん、30分だけ1時間だけ、と決めて見せていると思いますが、「もうおしまいね。」がちゃんと理解できて、聞いてくれるとは限らないです。テレビに子守をさせたいくらいの年齢だと、絶対、「もっと見せて!」って言われそうです。

家事は朝4時頃起きて、朝食・夫のお弁当作り、出来る時は夕飯も作ってしまいます。子どもが寝ている間にやってしまえば、昼間は子どもと一緒に遊べます。ある程度大きくなれば、一緒にお料理も出来ますね。テレビやDVDは観ないけど、絵本はたくさん読みました。胎教のころからおなかに読み聞かせ、夜寝るときも必ず読みました。

情報源は何?

10年以上まえですが、社宅の奥様に、「情報源はどうしてるの??新聞?」って聞かれました。今ほどスマホを持っている人も少なかったかもしれませんが、情報源は今やテレビからインターネットに変わっているし、お洗濯の為に天気を知りたければ、いちいちパソコンを立ち上げなくても、スマホで天気予報も知ることが出来ます。

テレビ無しは子どもが何歳まで?

学校でいじめられる??

ずっとテレビ無しでやっていけるのかな?って思ったことはあります。幼稚園や小学校に行くようになったら、テレビの話題についていけなくて、仲間はずれにされるんじゃ無いだろうか?とか・・・。とにかく3歳までは観せないでおこうと決めました。

でも、3歳になってすぐに第2子を妊娠したんです。だから、第2子が3歳になるまで観ないって、先延ばしになってしまいました。テレビを観ないまま、幼稚園に通うようになりましたが、仲間はずれにされることも無く大丈夫でした。時々、「見てみたいな-」とか言いましたが、「テレビ無いから。」の一言で終わり。小学校に入ってからも、そんな心配は全くいらなくて、むしろテレビがないことを「ネタ」にしているようでした。

次女が3歳(長女は小学1年生)になり、テレビも検討しましたが、今まで観ていないから、生活を変えることも出来ず、子どもたちも観たいとも言わないので、観ない生活の続行です。

絵本・本が好き

相変わらず絵本はよく読みました。他に娯楽が無いので、絵本の中で楽しむことを覚えたようです。暇さえあれば、本を読んでいます。本好きに育ってくれて嬉しいのですが、本を読んでいる時は、何を話しかけても聞いてないです。本だけでなく、新聞もよく読むようになりました。

テレビを観る生活も経験

長女が1年生の10月に夫の転勤で札幌に来ました。転校して、またテレビ無しをネタにしているのですが、何ヶ月か経ってから、「やっぱり観てみたい。」というので、「日曜の6時台1時間だけ、それまでに夕飯を終われたら観て良い。」ことにしました。そして、その後、数ヶ月は一週間に一時間だけテレビを観る生活になりました。日曜だけなので、遊びに行った時は観られないこともあります。

末っ子長男が誕生してから、またテレビ無しの生活が始まりました。上の子二人は時々観たがりますが、「弟が3歳になったらね。」で言うこと聞いてくれています。その長男もつい最近3歳になりました。そのうち、また1週間に1時間だけのテレビ鑑賞生活になるかもしれません。

スマホ育児

最近、スマホ育児も問題になっているようですね。言うこと聞かない子ども(特に2歳児)をおとなしくさせるために、動画を見せるんですね。第一子からテレビ無しの育児を信条にしている私にとってスマホ育児は考えられません。

まとめ

  • テレビに子守をさせない。
    もし観せるなら、親子で一緒に観て一緒に楽しむ。
  • テレビの代わりに、絵本を読んだり、親子でコミュニケーションを楽しむ。
  • 夜、子どもと一緒に寝て、朝早く起きて、子どもたちが寝ている間に出来る家事は済ませる。
  • 3歳を過ぎたら、時間を決める。出来るだけ一緒に観る。
  • テレビが無くても、学校でいじめられない。

いかがですか?あくまでも我が家のやり方です。2,3歳の言うこと聞いてくれない時期は見せたらおとなしくなるし、家事もはかどると思いますが、やっぱり、テレビ、DVD、スマホ育児はできるだけしない方が良いと思います。正直言って、せっかく札幌に住んでいるので、北海道の情報番組は観たいと思うときもありますが、3歳までの子育てにおいてはテレビ・DVD・スマホは必要無いと思います。

-子育て・日常生活
-

Copyright© 育自の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.