このサイトについて

 

ご挨拶

当サイトにご訪問くださいまして、ありがとうございます。管理人のかなちんです。
このブログは、アラフォー主婦・かなちんがたちあげたブログです。

子育てには悩みがつきもの

どんなに素晴らしい母親でも、全く悩まずに子育てしてきた方って少ないと思います。
大きな悩みではなくても、とても小さな日常の「悩み」「こういう時、みんなどうしてるの?」っていう疑問があります。育児書通りには成長しない我が子。機械じゃなく生身の人間だから、戸惑って当然だと思います。

悩みの時間短縮

「悩み」は 時間が解決してくれることが多いです。一年前に悩んでいたことを今、覚えていますか?特に子育てにおいて。

我が家の子どもたちは3人とも小さくて、乳児検診ではいつも「要観察」。毎月、身長体重計測にご招待されてました。長女は6年生、次女は2年生になりましたが、相変わらず小さくて、学年で5本の指に入るほどの小ささです。でも、二人とも健康で、よく食べます。給食は完食・お変わりは当たり前!健康でいてくれることが、一番の親の願いです。

末っ子長男は、生後4ヶ月からアトピー性皮膚炎。食物アレルギーもあります。寝返り・ハイハイは通常の経過通りではなく、あぐら状態で左右対称前進。つかまり立ちはせず、一人立ちは1歳7ヶ月、初めて5歩歩いたのは、1歳11ヶ月でした。

私からすれば、「それが何か??」と言いたいのですが、乳児検診に行くと、必ず「大きい病院で検査して。」「歩けないかもしれない。」「リハビリに行くように。」と、先生は心配して下さり、親がそれほど悩んでないことを大きな悩みにして下さいます。とは言え、私が全く悩んでいなかったかと言えば嘘になりますね。子どもの成長を信じていても、専門家から「念のため検査を受けて下さい。」と言われると多少は不安になります。

アトピー性皮膚炎に関しては、ものすごく悩みました。赤ちゃんらしいツルツルお肌じゃない我が子。お乳の良い匂いじゃなくて、滲出した体液の臭い。「どうしてこの子だけ、アトピーに??」「私の不摂生が原因?」と自分を責めてみたり・・。アトピー性皮膚炎に関しては、一年でなく、二年くらい悩みました。

3歳になった今は、以前ほどの悩みや自責の念はありません。子どもは成長するので、その時の「悩み」はほんの一時だったと、振り返ってみると思います。でも、悩んでいる時は、すごく長く感じられます。

末っ子長男のアトピー性皮膚炎で悩んでいる時間は、とても長く感じられました。あなたも、子育てに悩みや疑問はありませんか?それを抱いている時間が短くなったり、気持ちが軽くなれば良いですよね。

このブログでお伝えできればいいなぁ、と思うこと

子育てブログはたくさんあります。その中で、「薬嫌いな薬剤師お母さん」が極力薬に頼らずに「子どもの力を信じる」子育てや健康維持法をあなたにもお伝え出来たらいいなぁ、と思います。

3人子育て真っ最中、パート薬剤師お母さんであるかなちんが、「こんな時、我が家ではこうでした!」「小さな子育てのヒント」「子育てに関係ないかもしれないけど、面白かったこと」をお伝えしたい!という思いから、このブログをたちあげました。あなたのお役に立つことが出来たら嬉しいです。

更新日:

Copyright© 育自の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.