子育て・日常生活

普通の発音で赤ちゃんに話すことが大切

更新日:

最近のお母さんは赤ちゃんに普通の発音で話すことが多くなりましたね。赤ちゃん言葉は使ってもいいと思いますが、赤ちゃん発音は使わないで普通の発音で話しかけるのが良いと思います。

赤ちゃん言葉とは、例えば、ご飯をマンマ、犬をワンワンなど、ある単語を別の分かりやすい赤ちゃん単語で言い換えること。赤ちゃん発音は、「~~~ですね。」を「~~~でちゅねー。」や「~~~しましょ。」を「~~~ちまちょ。」など、発音を赤ちゃんのように替えてしまうこと。

赤ちゃん言葉は使うなら、通常の言葉と「両方」使うのが良いと思います。赤ちゃんは耳で聞いて、実物を見て、「これが、ご飯・マンマっていう物なんだな。」って理解して言葉を覚えていきます。耳から入る言葉を正しい発音にしておけば、正しく覚えますが、違う発音で聞いていると、それが正しい音だと思って覚えてしまいます。

赤ちゃん言葉は使っても良い?

両方話すのが良い


ご飯をマンマ、犬をワンワンなどある単語を赤ちゃんが言いやすい・分かりやすい表現にして、「両方」話すのが良いと思います。ご飯の時間に、「ご飯、マンマ食べようか。」お散歩で犬に会ったら、「犬、ワンワンだね、こんにちは。」など。

目と耳で言葉を覚える

実物を見ながら、本来の単語と分かりやすい赤ちゃん単語を聞いて、「これが、ご飯・マンマっていうもの。」なんだな、「これは、いぬ・ワンワンっていうもの。」なんだな、というようにして言葉を覚えていきます。両方言わずに、「マンマ」「ワンワン」だけを言っていると、なかなか本来の言葉を覚えず、いつまでたっても赤ちゃん言葉で話します。

私の両親は赤ちゃん単語だけを言っていたのかもしれません。小さいころから大きくなるまで、お風呂のことを「チャイチャイ」と言ってました。

赤ちゃん発音は使わない方がいい?

最近は、やはり良くないことが知られてきているようで、使う人は少ない気がします。
赤ちゃんに向かって、「かわいいでちゅねー。」と言って下さるご高齢の方もいらっしゃいますね。もちろん悪気はないので、笑って「ありがとうございます。」でスルーしてます。

でも、毎日接する時、そういう赤ちゃん発音で子育てしてしまうと、きちんとした音が耳に入らないので、正しい発音が身につきません。自分の子どもには、正しい発音で子育てする方が良いと思います。

乳幼児の発音違い

耳ではちゃんと聞き取っている

赤ちゃん発音を使わず、正しい発音で子育てしていても、子どもは違う発音をすることもあります。それは、耳ではきちんと聞き取っているのですが、実際に音を出すときには、そうなってしまうだけで、自分ではちゃんと発音しているつもりなんですよね。

一つの音が違う音に発音される

長女は、「き」の音が全部「ち」になっていました。「たぬき」→「たぬち」「キリン」→「チリン」「きんぴらゴボウ」→「チンピラゴボウ」など。

訂正しない

でもわざわざ訂正する必要はないです。本人はちゃんと発音しているつもりなんですから。
こちらが、ちゃんと発音していれば、いずれは治ります。カワイイからと言って、一緒になって「たぬち」「チリン」「チンピラゴボウ」などと言わないことも大切です。

混乱させないで!

面白がって一緒に「たぬち」とか言ってしまうと、赤ちゃんは頭のなかで混乱します。「あれ?たぬきって覚えたのに、たぬち???どっちだ??たぬき?たぬち?」ちゃんと「たぬき」と聞いて、「たぬき」と発音しているつもりで、「たぬち」になっているだけですから、混乱させてはいけません。カワイイから一緒に「たぬち」って言いたくなりますが・・・

音の入れ替わり

次女と長男の言い違いは似ていました。子どもの言い違いってカワイイですよね。なぜか「キツネ」は「つくね」や「つけね」です。音の入れ替わりもよくあります。「だいじょうぶ?」→「たいぶーじゅ?」「がんばれ!!」→「ばんがれ!!」「ごじゅっぷん(50分)」→「ごぶっちゅん」例を挙げればキリがないですが、カワイイ言い違いがたくさんあります。

本人は間違えてない

でも本人は正しい発音を聞いて正しく発音しているつもりです。カワイイし面白いから、一緒に「ごぶっちゅん」って言いたくなりますが(時々言います・・)子どもは頭の中で混乱するので、正しい発音で接しましょう。「ごぶっちゅん」って子供が言うと、「そうだね、50分だね。」と正しい発音で肯定します。

まとめ

  • 赤ちゃんに正しい発音で接します。
  • 赤ちゃん言葉(言い換え)は両方使います。 EX)「ご飯・マンマ」
  • 赤ちゃん発音は、混乱するので使わず、正しい発音で話しかけます。

いかがでしたか?

つい赤ちゃん発音になってしまいそうな時もありますが、言葉を覚える大事な時期は、正しい発音で接してあげると良いですよ。きちんと発音出来るまでの、言い違いがかわいいですよね。ちゃんと言えるようになった時、「あーあ、言えるようになっちゃった。」って、寂しい気もします。楽しみながら、成長を見守っていきたいですね。

骨董品の鑑定士を育てるには、本物と偽物を見せて覚えるのでは無く、ひたすら本物だけを見せて、見る目を養う、というのを聞いたことがあります。ちょっと違うかもしれませんが、なんでも聞き分け、見分けがつくまでは、親は本物だけを見せていくのが良いようです。

-子育て・日常生活

Copyright© 育自の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.