子育て・日常生活

おむつ外れ・トイレトレーニングは親トレーニングでもある。

更新日:

子どものしつけ(??)で、一番焦りが禁物なのが、トイレトレーニングですよね。どのようにして、おむつ外しをしていますか?親の都合を言えば、自分で勝手にトイレに行って用を足してくれたらラクですが、焦る気持ちは子どもに伝わって、焦れば焦るほど、時間がかかるような気がします。

膀胱がある程度大きくならないとおしっこを溜めておくことが出来ませんし、二足歩行にならないと「トイレに行こう(尿意を感じて排出する)」っていう指令が脳に届かないんですよね。だいたい、二足歩行出来るようになってから1年で尿意を感じ脳にトイレで排出する指令を出せるようになるそうです。我が家の子どもたちはみんな小柄で、ひとり立ちも歩くのも遅かったので、おむつが取れるのは遅かったです。

いま、末っ子長男がまさにトレーニング真っ最中!!男女の違いや、身体や心の発達の違いもあって、悪戦苦闘しております。トイレトレーニングに限らず、男の子って、正直言って、めんどくさいですね。初めての男の子に手こずっています。

女の子も時には一筋縄でいかないこともありましたが、男の子を授かってみて初めて、今まで楽な子育てをさせてもらっていたんだなぁって思います。今は試練の時、自分の成長・学びの時を与えられています。

これは、次女が弟の為に作ってくれた、「トイレで出来たらシール貼ってもいいよ!カレンダー」で、シールを置く所まで手作りです。

トイレトレーニングのために試みたこと

生まれてすぐは布おむつ

今は6年生の長女は生まれて1年近くは布おむつでしたが、布おむつのほうがかぶれたため、紙おむつにしました。1歳を過ぎてから家ではおむつもパンツもナシの生活。次女も同じようにしました。ただ、長女の幼稚園に行くことが多く、やむなく紙おむつに・・・。紙おむつなので、排尿の感覚が分かりにくかったかもしれないです。

夏はおむつナシ

大阪に住んでいたので、夏はうだるような暑さ!!1歳になる年の夏から、家ではおむつもパンツも何も無し!!で過ごしました。畳の部屋はふすまを閉めて、リビングの床には、ほとんど物は置かず、もしおしっこを漏らしても、(1歳まえなので、必ず漏らします。)拭けば大丈夫な状態にしていました。

自宅が新築マイホームなら出来ませんが、社宅のフローリングなので汚しても拭き掃除すれば問題ナシ!!です。ひとりで立って歩くようになったのが、1歳4ヶ月。トイレに行けるようになるのは、2歳4ヶ月くらいですね。そう思ってやっていると、気が楽でした。気楽にやっていたから、長女のトイレトレーニングは手こずった記憶はないです。

次女もひとり歩きしたのが、長女と同じく1歳4ヶ月。おむつ外れは、2歳4ヶ月くらいって思っていたので、次女の時も気楽にトレーニング出来ました。長男の子育ては札幌なので、夏でも部屋の中は肌寒く、おむつパンツ無しというわけにはいきませんでした。

おねしょとおむつ外しの関係

はやくおむつをはずすと、いつまでもおねしょをするっていうのを聞いたことがあります。相関関係はあるのでしょうか?真相はどうなのか分かりませんが、次女のおねしょはなかなか治りませんでした。長女と同じくらいの頃に昼間のおむつは取れていたと思います。三歳半で札幌に引っ越ししてきて、幼稚園入園してすぐの5月に4歳になりましたが、まだおねしょしていました。寝ている間は仕方ないですね。大らかにみてあげましょう。

おむつ外れの逆戻り

長男は特に何も教えないのに、1歳10ヶ月ごろから、「プップ。」と言ってトイレで大きい方をするようになったんです。あとは、おしっこだけ。なんて楽な子なんでしょう!!って思ってました。

ところが、2歳を過ぎた夏におむつをはずそうと、紙おむつではなく布のトレーニングパンツをはかせたら、反抗して今までトイレで用をたしていた大きい方まで、パンツの中にするようになったんです!!まさかの逆戻り!!想定外ですよ!!

男の子って、言葉で話しても全く効果ナシですね。言葉を理解していても、受け入れてくれないんですね。女の子なら、話せば分かってくれました。気楽に気長にやるしかないです。ひとりで歩くようになったのが、1歳11ヶ月と遅かったので、おむつはずれは3歳前と想定。

幼稚園入園に間に合うか心配!!入園してから、幼稚園でトレーニングしてもらうのも手ですね。でもやっぱり、アトピー性皮膚炎もあって、紙おむつだとかぶれるので、入園前の3月、3歳を過ぎてから、やっとトイレトレーニングを始めました。

トイレに限らず、今まで出来ていたことが出来なくなると、親はすごく腹立たしいんですよね。大きい方をトイレで出来ていたのに、おむつやパンツの中でされると、めちゃくちゃ腹立たしいです。あーー、試練の時です。気楽にやれば良いのは分かっているけど・・。まさに親自身の学びの時です。

今は、外出先ではこまめにトイレに連れて行けば、素直に聞いてくれるときもあります。でも、自宅にいると、幼稚園のストレスなども影響するのか、甘えたいのか、トイレに行ってくれません。そうなると、身体の発達ではなく、本人の気持ち・心ですよね。親が、気楽に気長に、子どもの甘えたい気持ちを受け入れてあげるしか無いですね。

まとめ

  • トイレトレーニングは身体と心の状態が整えば出来ます。
  • 一人で立って歩けるようになってから1年くらい。と気楽に気長に取り組みましょう。
  • 小さいうちは、出来る事なら、夏は自宅でおむつパンツ無し生活がオススメです。

今まさにトイレトレーニング中の方は、気長に頑張りましょうね!いずれ、おむつは取れますよ!!身体の機能は十分発達しているのにトイレでしてくれないのは、親トレーニングの時期だと思います。

トイレに行きたそうにもじもじしているから、「トイレに行く?」と言っても、「言われてから行くのはイヤだ。(自らの意志で行きたかった)」とか、「無い」と言いながら、その場で漏らしたり・・。トイレトレーニングとイヤイヤ反抗期が重なっているから、大変です。気長に楽しみながら頑張りましょう!

-子育て・日常生活

Copyright© 育自の森 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.